短い言葉で英語を話すということの重要性

短い言葉で英語を話すということの重要性

短い言葉で英語を話すということの重要性

 

このスピークナチュラルの教材では
7語で話すというコンセプトが入れられています。

 

英語を話すのに長い英語を組み立てて話すことが
できればそれに越したことはないのかもしれませんが
一番大切なのは簡単な言葉できちんと意思疎通が
できることです。

 

高度な単語を使っても相手側に通じなければ仕方がなく
英語は高度な取引等ではなく、またネイティブが全てでも
なく、今では全世界共通のコミュニケーション言語としての
役割が大きくなっています。

 

できるだけ簡単な言葉で相手側が問題なく
わかるように話す。
これが大事です。

 

実際のネイティブもそこまで難しい言葉は
使っていなく、実は簡単な言葉の中にさまざまあニュアンスが
含まれていたり、単語の組み合わせで意外な意味を
作ることができたりするものです。

 

どんどん難しいものに進むというよりも
基本に立ち返って簡単な言葉で英語を理解しようと
することは、今後のコミュニケーション社会に求められて
くる力となるはずです。

 

スピークナチュラルTOPへ